期間従業員の仕事で借金を返済するときの計算方法

期間従業員の仕事は、とても給料が良いことで有名ですが、借金の返済のために転職する人は、きちんと計算をして、生活ができるかどうかを確認してから転職をしましょう。
それまで派遣やアルバイトの仕事をしていたならほとんどの場合にメリットがあると思われますが、正社員の仕事をしている人は短期的に見れば期間従業員の仕事のほうが稼げても、将来のことまで考えるとそのまま正社員の仕事を続けていたほうがメリットが大きいと思われます。

まずは求人の広告を見て、給料を確認します。

製造業の求人の情報を確認できるサイトです。

ここで、月収例が30万円となっていてもそれを鵜呑みにしてはいけません。


工場の仕事の場合、月収例の中に残業代や夜勤手当も含まれていることが多いからです。
時給や日給で計算をしてみて、残業がゼロでもいくら稼げるかを計算してみましょう。



大手メーカーの自動車工場の期間工の仕事の場合、基本給でも25万円くらいになることが多いです。


さらに残業や休日出勤をすれば、30万円を超えることもよくあります。

あなたのご要望に応える教えて!goo関連のノウハウを解説します。

しかし、不確定要素は計算に含めないことにしておきましょう。


月収が25万円の場合、所得税などを引いた手取りは20万円程度になります。
寮費や水道光熱費が無料なら、生活費で5万円を使っても15万円は借金の返済にあてられるということになります。寮費と水道光熱費が無料であることが、大きく手取りを増やすことになっています。
結論として、期間従業員の仕事をすれば借金返済は大きく進むことでしょう。


しかし、正社員の人は安定を捨てることになるので、債務整理などを検討したほうがいいかもしれません。

よく考えてから決めましょう。